神奈川(湘南鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・横浜etc.)にて出張写真撮影、写真教室、フォトセラピーをご提供いたします。

フォトセラピー・セッション

  • HOME »
  • フォトセラピー・セッション

写真をもとにカウンセリングを

11haraishon20140615_3541_edited-1

あなたが撮った写真をもとにカウンセリングを行います。

ご自身で撮影した写真をお持ちいただき、一緒に見ながらお話を伺います。

写真は20~40カットを目安にしてください。

(可能な限りプリントでお持ちください。)

写真を使ったカウンセリングの一例も是非お読みください。

 

フォトセラピーのメニューは下記の

「心のままに撮影した風景写真のセッション」

「家族アルバムを振り返るセッション」

がございます。

写真の技術を意識しないで

心のおもむくままに撮影してください。

セラピストは写真を分析したり、批判したりはいたしません。

セラピストとの対話、カウンセリングを通して、写真からの呼びかけに耳を傾けてください。

フォトセラピストの経歴についてはこちらもご覧ください。

 

 

《心のままに撮影した写真のセッション》

心がうごいたらシャッターを切ってください。

写真の技術的なことは考えずにどんどん撮っていきましょう。

撮影のためにどこかへ出かける必要はありません。

近所、通勤途中、家の中など身近な場所で大丈夫です。

撮影した写真を(できればプリントして)お持ちください。

ピンボケやブレ、暗すぎなど、失敗と思われる写真も省かずに。

 

 

 

《家族アルバムを振り返るセッション》

ご自身のアルバムをお持ちいただき、成育歴、家族の歴史など、浮かんでくることを何でもお話していただけます。

アルバムなどにまとまっていなくても、数枚のご家族写真でも大丈夫です。

 

フォトルーム・アンシャンテのアルバム振り返りは

クライアント様がより写真や過去の歴史と向き合い、現在のご自身に統合していけるよう配慮して行います。

初回は(極力)写真をお持ちいただきますが、その後は写真無しでもカウンセリングが可能です。

 

 

上記3コースの料金は90分¥6,500.-です。

 

 

撮影&セッション

個人セッションに撮影を加えた2日間のセッションです。

トイカメラの貸し出しをいたします。

クライエントさんのご希望のカメラで撮影をしていただきその写真を元にセッションを致します。

1日目はショートセッションの後撮影、2日目(約2週間後)は撮影した写真のプリントをお持ちいただき

それらを元にカウンセリングを行います。

2017年現在、HOLGA, SPINNER360°, Diana F+, Fisheeye , SHARAN-STD(紙のピンホールカメラ),

micro Holga(110フィルムのカメラ)をお使いいただけます。

 

(貸出可能なトイカメラは、メンテナンス等で変わることがありますので、お申し込み時にご確認ください。)

 

 

1回100分×2日 ¥12,000.-(フィルム代実費別)

 

♥フォトセラピー・ワークショップの前のトライアル(お試し)としてもご利用くださいませ。

 

セッションに使用する主な会場

 

鎌倉婦人子供会館

 

鎌倉婦人子供会館11室です – Spherical Image – RICOH THETA

 

神奈川県鎌倉市小町1-11-5

tel: 0467-22-0507

(JR横須賀線鎌倉駅東口徒歩5分)

 

 

神奈川県立地球市民かながわぷらざ(あーすぷらざ)

 

神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1

tel: 045-896-2121

(JR根岸線本郷台駅徒歩1分)

 

 

つばめCAFE 2階スペース

 

神奈川県鎌倉市小町3-2-27

(JR鎌倉駅より徒歩15分)

 

その他、鎌倉、藤沢に使用できるスペースがございます。

カフェなどのオープンなスペースでもセッションが可能です。

 

よくある質問

 

Q. フォトセラピーってあまりよくわからないのですが、自分が撮った写真とココロの関係に興味があります。

A. 大丈夫です。はじめに当ルームのフォトセラピーについて簡単にご説明いたします。その後写真を見ながら写真のメッセージを一緒に見つけていきましょう。

 

Q. 写真を見てセラピストが分析や診断をしないのであれば、どのようにして気づきを得るのですか?

A. 写真をもとにクライアントさんのこころがどのような状況か診断をするのは非常に危険なことです。(精神分析の専門医でもどうなのだろうと筆者は考えます。)同じモティーフを撮影していても、そのモティーフに対する認識、思い、感じ方は人それぞれです。

セラピストは「たくさん鮮やかな赤い色が写真にたくさんありますね」「窓から外を見ているような写真が多いですね」というように、写真の特性を見て気づいたことをお伝えします。しかし「赤い色があるから元気を求めているのですね」といった分析はしないのです。それは赤という色がある人にとっては元気をもらえる色であっても、別の人にとっては血を連想させる怖い色かもしれないので、気づいたこと以上の分析はしません。その先はクライアントさんとお話しをしながら、カウンセリングをしながら、最終的にクライアントさん自身に気づいていただきます。セラピストは鏡の役割を果たすといった感じでしょうか。クライアントさんの一番のエキスパートはクライアントさんです。セッションの時間内で気づくことはできなくてもその後撮影を続けることで気づく、ということも多々あります。

 

Q. フォトセラピーはスピリチュアル系ですか?

A. フォトルームアンシャンテのフォトセラピーはスピリチュアル系ではありません。宗教とも一切関係ありません。

 

Q. 過去に通院していたことがありますが受けられますか?

A. 現在通院中でなければ大丈夫ですが、気になることがありましたら当サイトを担当の医師に見てもらって確認してください。

 

 

#フォトセラピー#写真療法

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP