みなさまこんにちは。フォトセラピストのAkiです。相変わらずiPhone撮影を楽しんでいます。

毎年秋に、神奈川の湘南地域(通常の湘南という概念よりよりもっと広い)の歴史的な重要建築物などでイベントやが開催される「湘南邸園文化祭」というものがあります。古い建築大好きな私としては全てに行ってみたいのですが、なかなかそうはいかず、今回は鎌倉と藤沢の2か所へ。

30年ほど前から写真のために鎌倉の景観重要建築物はかなり調べて(そして撮影に使わせてもらったりして)知っているつもりだったのですが、まだまだ知らないところがあるのですね。とにかく古い建物が大好きなので、今でもそれらが管理され守られていることに感謝します^^。

トップの写真から下記は鎌倉市長谷の「山本条太郎別荘」戦前の政治家の方が建てられ、4棟が国の有形文化財に指定されているとても貴重な日本家屋でした。

駐車場には見事な銀杏の樹。素晴らしいお庭と客間?から海が見えました。

とにかくお庭が美しい。

この日は組み紐の作家さんが着物をバックに展示をしていました。昔の日本家屋なのでやはりiPhone8+だとノイズが出ますねー。

 

次は藤沢の「モーガン邸」。モーガン邸跡地と言った方が良いのでしょう。公開日はよいお天気でした。

J.H.モーガンは戦前の建築家で、数多くの建物を日本で建築しました。よく行く山手ベーリックホール、私が2000年に個展を開催した山手111番館^^、そして旧丸ビルも彼の設計です。藤沢のモーガン邸は放火により2008年に全焼しました。全く悲しいことです。しかし、NPO法人の「旧モーガン邸を守る会」のボランティアさんたちの活動により再建に向けて動き出しています。

↑こちらは焼け残った本物の旧モーガン邸入口、のようです。工事の網格子の中にスマホレンズを入れて撮りました。こういう時はスマホレンズは便利ですね。全体を見ておきたかった(泣)。

 

この鉄の門と赤レンガもとても美しかったです。

まさに自然と調和したたてものだったことがしのばれます。

再建を心待ちにしています。

フォトセラピー的な1枚。邸宅の門から道路に続く石畳。そこに落ちた色とりどりの落ち葉と影に惹かれるものがありました。落ち葉となり踏まれても、それでも刺繍や織物のような美しさを放つ・・・・。同じカットを何枚も撮りました。

来年もまた新たな湘南の歴史に会えますように。