想像以上の素晴らしい雰囲気が醸し(かもし)出せました。

 

みなさまこんにちは。

フォトルーム・アンシャンテAkiです。

 

7月2日日曜日、とてもよいお天気の午後、鎌倉の古民家スペース「カジュ・アートスペース」の縁側にて、ビールの撮影レッスンを開催しました。

 

雨の多い時季にお天気にも恵まれました。

本当にこんな午後に縁側でビール飲んだら美味しいだろうな~~、という適度な暑さと湿気もありましたね。

 

会場のカジュは築70年ほどの、ホンモノ鎌倉古民家。お庭と縁側もまさに今回の撮影にぴったり!

お借りできてよかった(*^▽^*)。

 

余談ですが、ここではよくフォトセラピーのワークショップを毎年開催させていただいています。静かで時間を忘れる癒しの空間です。オーナーのたなかさんには今回もいろいろお世話になりまして感謝です。

特に!、今回は↑写真の後方にある小道具の蚊取り線香。これ、カジュのお玄関で焚かれていたホンモノです。容器は作家さんの作品だとか。たなかさまが「玄関のをどうぞ」とかしてくださいました(#^.^#)。ありがとうございました!

 

以前のサンプルの写真↓(別会場のものです)と比べてみると、蚊取り線香の煙のあるなしで雰囲気が全然違いませんか?

まぁ、撮影は2つ目の写真のほうが、事前に私が一人で撮ってるので丁寧にしていますが、蚊取り線香の火がないのは残念ですよね。

煙ひとつでこんなに臨場感が出るのかと驚いてしまいました。

 

そして、たなかさんに「この苔玉は槙(まき)の樹ですね~鉢に植え替えると大きくなりますよ」と教えていただきました。

縁側のむこう、お庭には同じ葉っぱの樹が大きく成長して立っていました。ちょっと育ててみようかな(^^♪

 


さて、主題の撮影ですが、ビールという難しい被写体を前に、果敢に撮影してくださった受講生のみなさま。ありがとうございました。

今回は「プロ用の機材を使わないで」ビールを撮る、というお題目でしたので、当然ビールに色々細工をします(^^;)。
だからこれは飲めないんですよね~撮影終わっても(;^ω^)。

まさに戦場の兵士のよう(/・ω・)/。液晶で見られるカメラでも敢えてファインダーの銃眼で狙っての撮影となりました。

身体も頭も両方使ってお疲れさまでした!。

終わったあとの本物のビールはさぞ美味しかったと思います(*^▽^*)。

ぶっちゃけ、もし何も細工なしでビールを撮影したいならば、グラスに注いだ直後の一瞬!にベストな構図、露出、ホワイトバランス、ライティング、などなどで撮れたら問題はありません(*´Д`)。

 

次の単発レッスンは女性のための月イチレッスンです。

8月4日(金)10:40より鎌倉婦人子供会館にて「ロープライス小物でSeaside party」です。

くわしくはこちらをどうぞ。